Go straight. Go ZIGZAG.

まっすぐに、迷え。

ファーストキャリアとは、単に人生最初の仕事ではない。
学校という守られた世界から、「働く」という未知の世界に飛び出すことだ。

しかし、働く場所も方法も無数にあり、どれもそこそこ輝いて見える。

さて、どの道にしようか?

迷う。迷う。迷う。

それは当然のことだ。
大量の情報に晒され、ビジネスの世界で大人が口にする言葉はどれも説得力があるように思える。

「働く」を知ろうとすればするほど、自分の輪郭がぼやけていく感覚に苛まれる。
周囲の意見が気になり、自分が自分でなくなる感覚。
靄で包まれた場所を、コンパスも持たずに歩いていく感覚。
だんだんと怖くなる。
むしろ何も考えずに「就活」してしまった方が
楽なのではないかと怯みそうになる。

しかし、それでも意志を持って最初の一歩を踏み出してみた時、
君の目の前には、どんな景色が広がるだろうか。

一瞬にして靄が晴れわたり、視界はクリアになるだろうか。
それまでの「迷い」が消え、自信と確信を持って進めるようになるだろうか。

否。

そのあとも、懸命に生きるほど「迷い」は続く。

だから、まっすぐに、迷え。

迷った分だけ、生き方の幅は広がる。
迷った分だけ、自分という輪郭が確かになる。
迷った分だけ、運命に導かれる感覚を持てるようになる。

人生とは、そういうジグザグな道なのだ。

全力で迷いながら、心震える仕事をしようじゃないか。
一人ひとりの不器用な感動が、
次の時代の日本を創り出していくだろう。

「en-courage」は、まっすぐに迷いながら、
未知の自分に挑戦し続けるすべての若者を応援します。

ZIGZAG is powered by en-courage