#もっといい就活

IMAGINE "THE BETTER"

従来型という常識を脱ぎ捨てて、「よりよい就活」を想像してみる。

「就活時期にコロナが被るなんて、運が悪い……」なんて嘆いていないで、この逆境をよりよい就活を生み出すためのチャンスに変えていきませんか?
会いたい企業に会えない合説、過去のESのコピペ、型通りのガクチカ、フレームワークの暗記…考えてみれば、Beforeコロナの就活には「課題」がたくさんありました。
妥協策としての「オンライン就活」じゃなくて、従来型の就活が抱えてきた「課題」を解決する新しい就活をカタチを自分たちの手で作り上げませんか?
Beforeコロナも、Afterコロナも、就活は、学生にとっては「人生で最初の仕事と出会う場」、企業にとっては「未来を創る人材と出会う場」であることに変わりはありません。
お互いにとって大切な出会いの場なのだから、仮面を脱ぎ捨ててもっと本音で、もっと率直に話しませんか?お互いに、本当にやりたいこと、本当に求めることをきちんと開示しませんか?
全国47都道府県に72の支部をもつ日本最大級のキャリア教育支援NPOエンカレッジは、学生自身の力でWith/Afterコロナの就活をリデザインしていきます。学生も企業も感じているこの不安を、「もっといい就活」を生み出すエネルギーに。


47都道府県1.5万人が参加、完全フラット型合説「en-courage EXHIBITION」

失敗でマッチング 40人の優秀層学生が「ガクシツ」90秒ピッチに挑戦

1500億円のM&Aに失敗!?企業も挫折をさらけ出す「失敗説明会」

なぜ「失敗している企業」の方が、学生には魅力的に見えるのか?

「ガクチカ」から「ガクシツ」へ 企業と学生が“失敗”を通してマッチング