#EN-COURAGE

FIRST CHOICE for ALL

就活で迷ったら、エンカレッジ

2014年に、京都大学の学生たちが「キャリア教育による日本の変革」を掲げて立ち上げたNPO団体「en-courage」。
わずか6年で、全国47都都道府県、72大学に支部を持ち、

4万3000人の学生会員が所属する日本最大級のキャリア教育支援NPOへと成長しました。
旧帝大、その他の地方国立大、早慶、MARCHなど上位校において40%のシェアを占め、

日本の未来を支える人材の育成に日々力を注いでいます。
メンター(就活を終えた学生)とエンター(これから就活をする学生)のきめ細やかな1on1面談を、

1300人のメンターが年間のべ3万回行い、一人ひとりの適性に伴走するキャリア教育支援を実践。

人生最初のキャリアに寄り添う、ファーストチョイスであろうと努めています。


社会人になる前に、プロから無料でコーチングやリーダーシップを学べるメンター制度

東大生の「キャリア選択の課題」が明らかに。エンカレッジによる200人アンケート結果

社会人になる前に「3万人規模の組織マネジメント」を経験できるエンカレッジ

コロナで就活機会格差を広げない! 2020年春夏エンカレ独自のオンラインイベント

「大学2年生対象のコミュニティ型カンファレンス」START conference2020