#もっといい就活

「ガクチカ」から「ガクシツ」へ 企業と学生が“失敗”を通してマッチング

2020年2月20日

#脱就活」ムーブメントの第1弾として、エンカレッジが、電通若者研究部(電通ワカモン)と共同で取り組む「失敗人財プロジェクト」。その活動の一環として、企業と学生が「ガクチカ」より「ガクシツ」を語り合うニュータイプの合説「失敗説明会」を1月12日に開催した。

「学生時代に力を入れたこと=ガクチカ」よりも、「学生時代に失敗したこと=ガクシツ」を語ることで、よりよいキャリア選択ができる理由とは?

京都大学4年生でエンカレッジ代表の相馬弘明と、東大法学部卒業後「クリエイティビティやコミュニケーションの力で、世の中に前向きな空気感をつくりたい」と電通に入社、電通若者研究部(電通ワカモン)としても活動する用丸雅也さんが語る。

企業とメディアからの情報に翻弄される学生

用丸:現在の就職活動のシステムは、いろいろと課題を抱えていると思いますが、学生代表として相馬さんはどう感じていますか?

相馬:課題点はいくつかあると思いますが、まず1つ目は前回も言ったように、受動的に耳に入ってきた少ない情報の中からしか就職先を選ぼうとしない学生たちにそもそもの課題があると思います。2つ目は、1つ目に付随するものですが、世の中が発信する情報を、学生たちが受動的にそのまま受け取ってしまうことです。
 
用丸:ちなみに、現在の学生はどういうところから情報を得ているんですか?

相馬:合同説明会や、SNSなどで流れてくる周囲の投稿やメディアの記事がメインだと思います。そして、学生たちは、就活支援サービスを提供する団体や企業が書いている記事も、マスコミのようなメディアが発信している記事もあまり区別していない。学生にとって影響力の大きい順に挙げていくと、メディアや企業が発信する情報、それらを元に動いた先輩たちが発信する情報、自分で動いて得た情報となります。
 
用丸:つまり「自分で情報を取りに行く」というスタンスではない?
 
相馬:もちろん個人差はありますが、傾向としてはそうですね。能動的に動かないで、自動的におりてくる情報を鵜呑みにしてしまう。しかし、企業はどうしても採用ブランディングのためのポジショントークに陥りがちなので、就職活動を通じて、自分たちに都合のよい情報しか話さないこともままありますし、メディアはメディアで世の中の風潮を拡大解釈してちょっとおもしろく、ちょっと格好よく、綺麗事のように見せたりします。
 
用丸:「大手は堅くて自由度がない。今はベンチャーの時代だ」というような、他方を否定して、物事の一部だけを切り取り肯定するやり口ですね。
 
相馬:そうです。ベンチャーと一言でいっても、もちろん組織によって違いがあります。そのあたりをきちんと精査して自分がどういう会社で働きたいのかを考えるべきなのに、粗い情報から得た先入観だけでばっさり切り捨ててしまう。

「企業から選ばれる」という意識を捨てる

相馬:その一方で、学生には「企業に選ばれる」という思い込みがあります。これが3つ目の課題ですが、「選ばれる」という意識が強いために、うまくいかなかった際「企業に落とされた」という感情を抱きます。実際には落とされたわけではなく、単に合わなかっただけで、企業側からそれを宣告してもらったというだけのこと。
 
用丸:実際には、企業と学生の主従関係をベースに合格/不合格を判断しているのではなく、企業も学生も対等な立場で合う/合わないを判断しているだけですからね。
 
相馬:はい。互いを選別しているという感覚で動けば、もっと最適なマッチングができると思うんです。「ない内定(=内定がない)」という言葉がはやったり、就活が「うまくいく」「うまくいかない」という尺度ではかられるのはちょっと違うな、と。
意志には失敗が宿る。失敗を通じたマッチングこそ、企業にも学生にも有意義なものになるはずとの仮説のもと、「電通若者研究部(電通ワカモン)」とエンカレッジが始動させる新企画とは…

「企業の失敗」も学生に見せる

用丸:「失敗人財プロジェクト」のコピーにも書きましたが、正解のない時代は、意志が問われる時代。もっと言うなら、「意識だけ高い系」よりも「行動早い系」の方が尊いと思っています。僕が就活していた時から「ガクチカ(学生時代に力を入れたこと)」という言葉はありましたが、「ガクチカの書き方」「ガクチカの例文10選」という検索結果に象徴されるような紋切り型の頑張ったエピソードではなく、学生には自分オリジナルの課題設定とそれを踏まえたアクションを話してほしいなと思います。

「今この世の中をどう捉え、どう変えたかったのか」という意志のある挑戦は、成功/失敗問わず貴重な財産になる。そんな失敗を企業も学生も語り合える方が、根本の意志の部分でマッチングが図れるのではないかと。

相馬:学生は「学生時代に力を入れたこと=ガクチカ」ではなく、あえて「学生時代に失敗したこと=ガクシツ」を「失敗説明会」では話してもらいますね。
 
用丸:「ウーバー」や「エアビー」がなぜ日本から生まれなかったのか、実はこれは大きな問題だと思っているんです。「車を所有せずシェアしよう」というウーバーも、「場所が空いているからシェアしよう」というエアビーも、若い人たちの当たり前の価値観をそのままビジネスにしただけのこと。そういうサービスが日本から生まれなかった原因は、日本のイノベーション能力の低下と言われているけど、根本には「失敗を許さない」文化や風潮にあるのだと思っています。

「失敗しなければ学ばない」は、企業も学生も同じ

用丸:前回大学生の頃にインターンをしていた話をしましたが、その会社にもっとも感謝しているのは、無限に挑戦させてくれたことです。僕の意志と根拠さえきちんと提示すれば、「やってみろ」とお金を出してくれた。たくさんの挑戦とたくさんの失敗をさせてもらったことが、今の僕の糧になっています。

相馬:それは僕もめちゃめちゃ感じていますね。エンカレも、失敗を許容してくれる組織で、日頃から「なんでもやっていい」というカルチャーでチームを動かしています。もちろん、そこには大きな責任も伴いますが、学生だからこそ、何も恐れず、新しいチャレンジができる。現実に全国でおもしろいことがたくさん起こっています。
 
用丸:そういう組織がどんどん増えて欲しいですよね。自分オリジナルの課題設定のもと挑戦したのならば、成功も失敗も必ず糧になる。失敗するよりも、失敗を恐れて挑戦しない方がリスクですよね。

Profile

Soma Hiroaki

相馬弘明

京都大学4年生(2020年2月時点)。2020年度のエンカレッジ代表。

Masaya Yomaru

用丸雅也

東京大学法学部卒業後、「クリエイティビティやコミュニケーションの力で、世の中に前向きな空気感をつくりたい」と電通に入社。第2クリエーティブプランニング局所属。電通若者研究部(電通ワカモン)としても活動中。